試聴する

春恋、覚醒

この曲の表示回数 82,550
歌手:

空想委員会


作詞:

三浦隆一


作曲:

三浦隆一


日々の暮らしは飽きている
世間は春に浮かれても
僕の心は石のまま
今日も電車に揺られてる

そんな日々に乗り込んできた
初めて見る女の子は
服も鞄も新しい
車両に春風が吹いた

体中の細胞が生まれ変わる
何かが始まる気がした
乗車中気付けばまた君を見てる
瞬きの暇与えない

毎朝読んでる本は
分厚いハードカバー
タイトル確認できたら
本屋で探してみよう

鞄に付いてるバッチに
知らない単語が書いてある
どうやらバンド名らしい
聞いてみよ

体中が君のこと考えてる
知りたいことで溢れてる
乗車中にもっと君にリンクしたら
新しい世界見えるかも

あ~僕と君が混ざり合う感覚だ
あ~始発のため起きるのも苦ではない

それなのに君はこの3週間
乗車してこない 姿を見せない
この時間 この車両
やな予感 やな予感

体中が君のこと求めている
もう既に恋に落ちてた
五里霧中君のことを探している
もう一度だけでいい 会わせて

イヤホンに君が好きな あのバンドが流れてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春恋、覚醒 歌手:空想委員会

空想委員会の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-01-21
商品番号:KICM-1566
King Records =music=

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP