GOLD LYLIC 

試聴する

卒業の歌、友達の歌。

この曲の表示回数 178,517
歌手:


作詞:

326


作曲:

19


「終わる事」を僕らが 意識し始めた時 急に
時間は 形を変えた
「退屈だ。」と叫んでいた「なんでもない毎日」が
今では宝物です。

裏切りや嘘も だけど、だけど信じていたよ?

校舎の影で待っている時間はもう 戻ってこないけれど
いつも想い出はそこにいて 今でも待っている。

…そしてまたここに 「そんな時」を止められずに泣いている
「これから」の君がいる。
そんな君に 今だからこそ伝えたい
いくつかの言葉が見つかりました。

「その時」は「終わる」じゃなく「はじまり」ということを…

現在(きょう)が「あの頃」と呼ばれても…
そこには距離という邪魔者が居ても…
「行こう。」ぬるま湯に風邪ひいて 臆病になる前に

君に届け!この想い、まっすぐ!
「忘れないで? 君は独りじゃない!」
「辛くても… それでも進むなら… 飛べるだろう
君は必ず 飛べるだろう。」

「汚くて泥だらけの川でも、そこに落ちたとしても…
はいあがる「時間」が 翼になる! 大きく! 強く!。」

校舎の影で泣いている時間はもう 戻ってこないけれど
「行こう。」想い出はそこにいて 今でも待っている。

「あのままで…」笑ってる、泣いている…笑ってる。
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:卒業の歌、友達の歌。 歌手:19

19の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-03-20
商品番号:VIDL-30410
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP