美濃の眉月

この曲の表示回数 10,737
歌手:

笹みどり


作詞:

もず唱平


作曲:

浜圭介


桜 舞い散る春の夜(よ)の
弥生三日(やよいみっか)の月をみた
まるで二人の身の上みたい
ほんに心許(こころもと)無い 月明り
想い出します 京(みやこ)に遠い
ハァー ハァー 美濃の在所の眉月を

武士というには名ばかりの
身分 足軽 藤吉郎
そんなあなたを見初(みそ)めた私
けれど 悔いは無かった来し方に
他人(ひと)が称(たた)える望月(もちづき)よりも
ハァー ハァー なぜか恋(いと)しい眉月が

幼ごころを忘れずに
文を寄越した天下びと
「おね」とあったり「かかさま」などと
いつも 人の気持ちを汲み取りなさる
二世もお側に居りたいものと
ハァー ハァー 願い懸けます 眉月に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:美濃の眉月 歌手:笹みどり

笹みどりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-10-02
商品番号:CRCN-1737
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP