歌詞を

ヘルプ

笹みどりの歌詞一覧リスト

19 曲中 1-19 曲を表示
2018年7月23日(月)更新
並び順:
全1ページ中 1ページを表示
曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し
秋しぐれ笹みどりまんだあつこ徳久広司燃えた名残りも消えないうちに
伊豆なさけ笹みどり池田充男安藤実親逢うなら隠れた湯やどがいいと
伊豆慕情笹みどり若山かほる山田若穂あなた一人の女になりたい
お吉花無情笹みどり水木れいじ市川昭介なにを今さら泣くのはおよし
お駒雪化粧笹みどり水木れいじ安藤実親蝶よ花よともてはやされたそんな
女の絶唱笹みどり関沢新一安藤実親そんなに私がわるいでしょうか
女の花ざかり笹みどり水木れいじ水森英夫泣いて暮らして泣いて暮らして
下町川笹みどり石本美由起叶弦大いくら上手に化粧をしても
下町しぐれ笹みどり木下龍太郎市川昭介金じゃ解かせぬ義理では解かぬ
下町育ち笹みどり良池まもる叶弦大三味と踊りは習いもするが
七里の渡し笹みどり志賀大介叶弦大万感の思いを抱いて
女優笹みどり西沢爽米山正夫薔薇を一輪唇に恋に身を灼く
せきれいの宿笹みどり北脇早智子・補作詩:志賀大介市川昭介昨夜あれだけ降ったから
蓼喰う虫も笹みどり星野哲郎叶弦大あんな男のどこがいいのよと
花を咲かせて笹みどり白鳥園枝市川昭介花を咲かせて花を咲かせて
母はおまえを信じます笹みどり星野哲郎朴椿石おまえは悪い事のできる人では
みぞれ雨笹みどり西沢爽叶弦大ジャズと演歌と新内と
美濃の眉月笹みどりもず唱平浜圭介桜舞い散る春の夜の弥生三日の
めおと星笹みどり上野たけし上野たけし生きる喜びおしえられ

笹 みどり(ささ みどり、1947年(昭和22年)10月3日 - )は、日本の演歌歌手。本名:村上 勇喜子(むらかみ ゆきこ)。 wikipedia