試聴する

歓送の歌

この曲の表示回数 25,430
歌手:


作詞:

小椋佳


作曲:

星勝


出逢いのその日から 街のよどみ消えて
星達に輝き還り 僕に力が 君のお陰さ

互いの情熱と 夢をぶつけ合って
透きとおる涙を流したね 汗に隠して

君を送るこの日まで 一所懸命過ぎるほどの
暮らし こぶし 眼差しどれもが素晴らしい記念碑 誇りさ

若いからじゃなくて 夢にいどむことで
僕達に別れはないという 心通えば

笑い声高めて ふとおそう孤独を
胸底に沈めて秘そやかな 君の気づかい

君を送るこの時に 遠い星に映す誓い
光り、揺らぎ、煌めき どれもが胸熱い交わり 祭りさ

若いからじゃなくて 夢にいどむことで
僕達に別れはないという 星を仰げば
僕達に別れはないという 心通えば
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:歓送の歌 歌手:小椋佳

小椋佳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-07-25
商品番号:KTCR-1267
キティ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP