フレデリック

遊ぶ=人が一番人らしく生きてる瞬間な気もする。

 2020年9月22日に“フレデリック”がNew EP『ASOVIVA』をリリースしました。今作には、リモートで制作された新曲3曲と7月に配信リリースした「されどBGM」含む4曲を収録。そして、7月18日に行なったアコースティックオンラインライブから2曲の音源を収録、初回盤CDのみ1曲がさらに加わる。フレデリックのバンドセットとは異なる、アレンジの冴え渡るアコースティックスタイルを聴いて観て楽しめる内容となっております。

 さて、今日のうたコラムではそんな最新作を放った“フレデリック”の三原康司による歌詞エッセイを2週連続でお届け!今回は【前編】に続く【後編】です。綴っていただいたのは今作『ASOVIVA』に通ずるテーマ「遊び」についてのお話です。子どもも大人も、これまで当たり前にできたいろんな「遊び」を自粛せざるを得ない経験をしている今だからこそ、改めて考える“遊び方”とは。そして“遊びの力”とは…?

~歌詞エッセイ【後編】~

後編は2020年9月22日に『ASOVIVA』というEPをリリースするにあたって、「遊び」についての話。

皆さんは「遊び」という言葉にどんなイメージが湧きますか? 様々なテーマパークや娯楽施設。または「私は遊びだったのね」なんてトレンディドラマにありそうな台詞が連想されるものなのか。人によって様々なイメージがあるでしょう。

僕は幼い頃さまざまな「遊び」をしてきました。漫画も15巻以上描いたし、お昼の牛乳キャップの蓋を組み合わせて巨大なドラゴンも作ったし、無敵の勇者のつもりで公園を徘徊したりしていました。幼少期は誰しもが遊びのプロだと思います。大人になるにつれ子供の頃の想像力はすごかったと感じる。

自分はこの遊びへ向けられる創作力、誰かと共に何かを生み出そうとする好奇心や意欲、それを面白いと感じ取れる感性こそ今現在求められている能力なんじゃないかと思う。

どんな状況であっても、常に目を輝かせ物事を楽しめる「遊ぶ」という力があれば、ひとりひとりが決められたルールの中でもリラックスしながら楽しめる人生を生み出せるんじゃないかと。そんな事を考える。

遊ぶ=人が一番人らしく生きてる瞬間な気もする。

自粛期間中、ランニングで通りかかった公園の遊具には黄色いテープが張り巡らされていたのを未だに思い出す。子供の自由の象徴とされる遊び場が使用禁止になったのだ。それは大人も同じく、様々な場所で遊ぶ事ができなくなった日があった。

一番好きな事に引け目を感じずに生きれたらどれだけ幸せだろうかと思う。当たり前な日常が変わってしまった今、この「遊び」というワードにより一層希望を感じられる。そんな事を、音楽を通して伝えていけたらと思う。

<三原康司>

◆New EP『ASOVIVA』
2020年9月22日発売
初回盤 AZZS-110 ¥2,400(tax out)
通常盤 AZCS-1095 ¥1,300(tax out)

<収録曲>
1.Wake Me Up
2.されどBGM
3.正偽
4.SENTIMENTAL SUMMER
5.リリリピート (FAB!!) Live at FABO!! 2020
6.ふしだらフラミンゴ (FAB!!) Live at FABO!! 2020

7.終わらないMUSIC (FAB!!) Live at FABO!! 2020 ※初回盤のみ収録
このトピックをシェアする
  • LINEで送る