見田村千晴

日数をおいて冷静になってしまえば、おそらくあの歌詞は書けていない。

 2019年10月9日に“見田村千晴”がニューアルバム『歪だって抱きしめて』リリースします。その発売に先駆け、3ヶ月連続配信リリース企画がスタート。第1弾「禁煙席」、第2弾「あの日雨が降ったから」、第3弾「独白」が配信中です。そして今日のうたコラムでは、ニューアルバムリリースに向けて、3ヵ月連続“ご本人歌詞エッセイ”をお届けしております。

 まず第1弾では、見田村千晴さんと【言葉】の関係を綴ってくださいました。そして続く第2弾のタイトルは『「独白」するということ』です。ニューアルバムを放つ前に、配信された新曲「独白」はどのように生まれたのか。何故、生まれたのか。あなたの人生にはどのように響くのか。是非、歌詞と併せて、歌詞エッセイをご堪能ください…!

【第2回:「独白」するということ】

どちらか一方に過剰に感情移入することが、とにかく怖い。例えば女友達の、彼氏との喧嘩の話を聞いているとして(思い返せばそんな経験がほとんど無いけれど)、いかに彼氏がひどいことをしたのか、や、自分の正当性を話す友達を前に、「きっと相手側から話を聞けば、違う見え方なんだろうな」「一方からしか聞いていない話を鵜呑みにしちゃいけないよな」と私は思っている。口には出さず、ヘラヘラと頷きながら(そりゃ誰からも恋愛相談されないのも当然か)。昼のワイドショーも、誰かの炎上騒ぎも、これと同じスタンスで眺めている。“物事を俯瞰して見る癖がついている”と賢そうな言い方もできるが、極端に言えば“他人や社会に興味がない”んだと思う。だから、“敢えて距離を取っている”というポーズを取っているのだろう。

お酒に酔っているとき、ライブを見た帰りや、嫉妬に狂いそうになるとき。iPhoneのメモに、言葉を書き殴る(ような気持ちでフリック入力をする)。一語だけのこともあれば、Aメロ丸々くらいの量が一気に書けたりもする。でも、書いた次の瞬間に、フッともう一人の自分が警告音とともに登場するのだ。「この言葉は誤解を生むかもよ?」「これを親が見たら悲しむのでは?」「30代にもなってこんな青臭いこと書くなんて、ハズカシー」こうして、たくさんの言葉が葬られていく。

歌詞を書くには、ときに、主観的思い込み、暴走、空気の読めなさ、が必要なのかもしれないと私は思う。今回『独白』という曲を書くには、スピード感が必要だった。上記の理由で、日数をおいて冷静になってしまえば、おそらくあの歌詞は書けていない。経験上それが分かっているから、急いで完成させた。

どうして歌を歌っているのか?
どうしてやめないで続けているのか?
どうして苦しみながら曲を作るのか?
どうして卑屈になるのか?
どうして人付き合いが難しいのか?

自分のことを知りたい。知ることでしか、ここからまだ数十年、自分という乗り物を乗りこなしていく自信を持てない。『独白』はその一心で書いた。なかなか直視してこなかった自分自身の一部を、麻酔をかけてから一気にえぐり出すように。

だから、言い訳する余地が全くないほどに、自分のための曲だ。過去でもなく未来でもなく、今、自分を知りたいと思ったし、知って欲しいと思った。一方で、私自身の性質や境遇は、おそらくそんなに特殊なものでもない。得体の知れない生きづらさは、きっとそこらじゅうにある。外側からは見えない場合も、本人の自覚すらない場合もある。

それらを「救う」ことはできないけれど、「掬(すく)う」ことならできる。大事に掬って目の前に持ってきて、理解して、整理する。とても大切なことだ。私が見聞きしてきた様々な言葉にそうしてもらってきたように、私は私の言葉で、できるだけ丁寧に、私やあなたの得体の知れない淀みを掬っていきたいと思っている。

<見田村千晴>


【最終回に続く!】

◆配信シングル第1弾
禁煙席
2019年6月19日配信
作詞:見田村千晴
作曲:見田村千晴

◆配信シングル第2弾
あの日雨が降ったから
2019年7月24日配信
作詞:見田村千晴
作曲:見田村千晴

◆配信シングル第3弾
独白
2019年8月28日配信
作詞:見田村千晴
作曲:見田村千晴

◆ニューアルバム『歪だって抱きしめて』
2019年10月9日発売
KCJT-0001 ¥2,800(tax out)

<収録曲>
1. 禁煙席
2. 独白
3. ex. friend
4. 東京模様
5. あの日雨が降ったから
6. Woman
7. ユーモアが足りない
8. 銀河鉄道の夜 (※不可思議/wonderboy カバー)
9. 手のひらのラブソング

このトピックをシェアする
  • LINEで送る