試聴する

独白

この曲の表示回数 1,206

疑わず 逆らわず 扱いやすい子供でした
恐らく普通より過保護に育ったのは
末っ子だから仕方がないと思うようにしていました

常に他人の目に怯えていました
大人たちの顔色を窺うのが上手になって
気が利くわねぇと褒められてはバカ正直に喜んでいました

学校の同級生を見下していました
こんなところで本当の友達はできないなどと
雑誌の友達募集に投稿したなんて黒歴史もあります

それでいていつも 社交的で明るい子に媚びていました
相手にとって自分が今何番目なのか どうしたら一番になれるのか
そればかりを気にして カメレオンみたいに生きていました

あぁ ありったけの勇気で 私はここに立ってるんだ
あぁ ありったけの覚悟で 私は明日を生きるんだ
あぁ 見過ごせない危うさを いつも持ってるんだ
それを忘れないでいることが たったひとつの答えだ

18で上京してから一度も ホームシックにかかったことはありません
むしろ初めて深呼吸ができたような感じ
思えば自分の冷たさを自覚したのはこの頃かもしれません

相変わらず人との距離感を間違え続ける日々
こんな自分の どうしてそばにいるのか
求められることにすら怖くなって
拒絶したり閉じこもるようになっていました

「心を開こう」?
「自分を信じよう」?
「あなたらしくね」?
「ひとりじゃないから」?
曖昧な言葉じゃ分からない 分からない

20になった次の日 バイト代で35万のギターを買いました
弾けもしないまま 曲も作れないまま
ステージに立っていました 見えない何かに復讐していました

何と言われようと 歌うことは私自身の証明だ
自分では何も決められなかった私の
一番最初の意志で 一番最後の意地だ

あぁ ありったけの勇気で 私はここに立ってるんだ
あぁ ありったけの覚悟で 私は明日を生きるんだ
あぁ 見過ごせない危うさを いつも持ってるんだ
それを忘れないでいることが たったひとつの答えだ

あぁ ありったけの勇気で 私はここに立ってるんだ
あぁ ありったけの覚悟で 私は明日を生きるんだ
世界なんて変えられなくていい 自分を変えてきたんだ
世界なんて変えられなくていい 「あなた」を守りたいんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:独白 歌手:見田村千晴

見田村千晴の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-08-28
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP