言葉の達人

SAKUSHIKA

 達人たちは1曲の詞を書くために、言葉を巧みに操り、その時代を象徴する言葉を探した。その言葉は多くの老若男女の心を掴んで離さず、その歌は大ヒットした。
「孤独がつらく感じるとき」「愛することがよくわからなくなったとき」いつも、勇気と力を与えてくれた…、作詞家は言葉の魔術師である。そんなプロの「作詞家」の皆さんをゲストにお招きしてご紹介していくこのコーナー。
今回は、天童よしみ「人生しみじみ…」や氷川きよし「星空の秋子」などのヒット曲を世に送り出し、数々の賞を受賞されている「仁井谷俊也」さんをゲストにお迎え致しました。

仁井谷 俊也

代表作

「蜩(ひぐらし)」/長山洋子
「橋」/北島三郎
「人生しみじみ…」/天童よしみ
「星空の秋子」/氷川きよし
「面影の都」/氷川きよし
「哀愁の湖」/氷川きよし
「からす」/小林旭
「安芸の宮島」/水森かおり
「小さな春」/都はるみ
「サロベツ原野」/鳥羽一郎
「博多川」/三門忠司
 その他多数。

作詞論

元々「自分の作詩した歌をカラオケで唄いたい」というのが
スタートなので、あまり難しく考えてはいません。
プロになった現在は、今の時代の言葉で、自分自身の言葉で、
誰にもわかりやすい言葉で書くようにしています。
そして歌の中に、自分が必ず何%かは存在すること。
ハートのある歌、実感のある歌を書きたいですね。

仁井谷さんに伺いました。
Q:
作詞家になったきっかけは?
A:
広島で会社員だった頃、数々の作詩募集に入選。
作詩家を志し、妻子を残して単身上京する。
Q:
プロ、初作品について
A:
初めてカラオケのレーザーディスクに入ったのは
アローナイツの「ひとり札幌」です。
Q:
作品を提供したいアーティスト
A:
作家と歌手は縁だと思っているので、
自分からは望まないし、動かない。
自然体で。
Q:
あまり売れなかったが、私の好きなこの歌
A:
新沼謙治「古里はいいもんだ…」
香田晋「炭焼き源造」
シルヴィア「東京の男が好きなんか」
Q:
なぜ「詩を書くことを選んだか」
A:
作詩募集に入選するたび「東京が呼んでる」ような気がした。
もう一つは旅に疲れた。サラリーマン時代は営業だったので、
毎月20日以上、日本全国を駆け回っていた。
Q:
プロの作詞家になりたい人へのアドバイスを
A:
まず実力をつける事だと思います。
実力があればチャンスも巡るし、チャンスを掴むことも出来ます。
見てる人は見ています。 歌の神様も。
歌詞を見る 人生道 北島三郎

北島御大とめぐり逢った作品です。御大はオーラがあって、でっかくて、それでいて暖かくて、やさしくて、駆け出しの僕にとっては夢のようなレコーディングでしたね。あの時の力強い声と笑顔は、今でも覚えています。

■私の好きなあのフレーズ
「気高き山に 父を見て
やさしき海に 母を知る」

PROFILE

仁井谷 俊也Toshiya Niitani

広島県尾道市出身 蠍座 AB型
趣味:ゴルフ、旅行、歌舞伎、文楽、映画
【アマチュア受賞歴】
雑誌平凡「渋谷哲平」2席入選。
クラウン歌詩募集「花三郎」入選。
古賀政男記念音楽大賞「サーカス」「鳥羽一郎」一般部門優秀賞。
「八代亜紀」歌詩募集入選。
ビクター・メロ先募集「森進一」「松村和子」入選。
日本作詩大賞・新人賞「山本譲二」歌唱で入選。等…。

【プロ受賞歴】
蜩-ひぐらし-(長山洋子)、人生しみじみ…(天童よしみ)、
星空の秋子(氷川きよし)、伊豆の宿(香田晋)、
倖せあげたい(山本譲二)、面影の都(氷川きよし)で日本作詩大賞・入賞。
人生しみじみ…(天童よしみ)で藤田まさと賞受賞。等…

社団法人 日本音楽著作権協会 評議員
社団法人 日本作詩家協会 評議員

オフィシャルサイト:http://www.t-niitani.jp/

[CDリリース情報]

石原詢子
「風よ吹け」

SRCL-7000 ¥1,200 (tax in)
2009.05.27

北川大介
「おまえを連れて」

CRCN-1408 ¥1,200 (tax in)
2009.05.13 Release

三笠優子
「男の人生」

KICM-30208 ¥1,200 (tax in)
2009.05.13 Release

大江裕
「のろま大将」

CRCN-1397 ¥1,200 (tax in)
2009.02.15 Release

【これまで登場した作詞家さん】バックナンバー