Nostalgia

この曲の表示回数 7,424

道に 灯が
ひとつ ひとつ点り
山のふもとに
童話のような汽車が行く

幼い日々へと運ぶのは
草の小舟か森の梟か
わたしの名前を呼ぶ声は誰
振り返れば
懐かしい顔が
笑っている

抱えきれない想い
こぼれおちて
何も言葉に
できない時があるの

夕闇迎える蛍火や
ささやき交わす風や木々の音は
かつてわたしを愛した人たちの
形見のように
やさしさに満ちて
いまを 包む

探してた夢は
ここにあるわ
小さなわたしが
握りしめてる

指をひらけば
真っ白な花が舞うの

夏が終わったらこの道を
ひとりでまた辿って行くでしょう
もしも忘れ物があったとしたら
それは遠い
昨日までの
儚い わたしの影
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Nostalgia 歌手:ALI PROJECT

ALI PROJECTの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-07-24
商品番号:VICL-60903
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP