雨上がりのオリオン

この曲の表示回数 16,136
歌手:

かりゆし58


作詞:

前川真悟


作曲:

前川真悟


あの頃の僕らと言えば 何かが起きそうな予感にこの胸を
いつだって高鳴らせてみても 結局何事もない日々の中で

今日が終わることに また明日がくることに
鈍感なまんまでいられたから 何も怖くなかった

雨上がりの夜空に光る オリオンの唄は終わらないぜ
ふいに蘇る記憶たち あの夏は永遠だぜ

「確かなものは何ひとつないのに
無理やりにでも歳はとっていくよな」
って君が静かに言ったから
なんだか急に気が付いて怖くなったよ

何かが終わってく 少しずつ変わっていく
涙なんかじゃとても足りない だけど さよなら

通り過ぎたいくつもの場面
あの頃の僕ら 輝いてた
始まるぜ 何か起こるのはこれからさ
まだ終わらないぜ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨上がりのオリオン 歌手:かりゆし58

かりゆし58の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-08-11
商品番号:LDCD-50072
Pacific Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP