試聴する

銀座のすずめ

この曲の表示回数 10,373
歌手:

加藤登紀子


作詞:

野上彰


作曲:

仁木他喜雄


たとえどんな人間だって 心の故郷があるのさ
おれにはそれが この街なのさ
春になったら 細い柳の葉が出る
夏には雀が その枝でなく
雀だって唄うのさ 悲しい都会のちりの中で
調子っぱずれの唄だけど 雀の唄はおいらの唄さ

銀座の夜 銀座の朝
真夜中だって 知っている
すみから すみまで 知っている
おいらは 銀座の雀なのさ
夏になったら なきながら
忘れものでもした様に 銀座八丁 飛びまわる
それでおいらは うれしいのさ

すてばちになるには あまりにも明るすぎる
この街の夜 この街の朝にも
赤いネオンのあかりさえ 明日の望みにまたたくのさ
昨日別れて 今日は今日なのさ
惚れて好かれて さようなら
あとには何も 残らない

春から夏 夏から秋
木がらしだって 知っている
みぞれのつらさも 知っている
おいらは銀座の 雀なのさ
赤いネオンに 酔いながら
あすの望みは 風まかせ
今日の生命に 生きるのさ
それでおいらは うれしいのさ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:銀座のすずめ 歌手:加藤登紀子

加藤登紀子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-05-26
商品番号:UICZ-4098
ユニバーサル インターナショナル

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP