横浜ものがたり

この曲の表示回数 7,876
歌手:

敏いとうとハッピー&ブルーwithマミー


作詞:

松本礼児


作曲:

ジョージ・ヤマシタ


黄昏が足早に 星の明かりをともす頃
恋人たちの物語り 本牧 ヨコハマ
ジョージの店に くり出して
小粋なブルース 聞きながら
水割りグラスの 氷を鳴らす
今夜は 横浜ものがたり

濡れた肌抱きしめて 二人優しさ分け合った
サーフサイドの窓に立ち 港を見ていた
外国船が 遠ざかる
悲しい別離を 積み込んで
溜め息みたいな 汽笛を鳴らす
誰かの 横浜ものがたり

サヨナラを繰り返し 少し優しくなれました
公園通り 坂道を ゆっくり歩いた
あなたの腕に つかまって
何度も口づけ 交わしたわ
想い出の鐘が 心を鳴らす
私の 横浜ものがたり

あなたの腕に つかまって
何度も口づけ 交わしたわ
想い出の鐘が 心を鳴らす
私の 横浜ものがたり
私の 横浜ものがたり
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:横浜ものがたり 歌手:敏いとうとハッピー&ブルーwithマミー

敏いとうとハッピー&ブルーwithマミーの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-10-25
商品番号:TEDA-10486
テイチク

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP