番屋

この曲の表示回数 16,719
歌手:

神野美伽


作詞:

荒木とよひさ


作曲:

浜圭介


漁師(おとこ)が番屋で 酒飲む晩(よる)は
胸の芯まで 凍りつく
達磨(だるま)ストーブ 燃(く)べても外は
割れる流氷 まだ吼える
枕かかえりゃ 女房の肌を
夢の中まで 抱きたがる
春はいつ来る いつ来る春は
ここは地の果て オホーツク
北の白夜よ… 北の白夜よ… 早(は)よ明けろ

焙(あぶ)った千魚(さかな)の 煙が染みりゃ
泣かぬつもりが 泣けてくる
裸電球が 心の灯り
影を呼び寄せ 酌させる
酔って眠れば 子供の顔が
涙みたいに 湧いてくる
春はいつ来る いつ来る春は
ここは地の果て オホーツク
北の白夜よ… 北の白夜よ… 早(は)よ明けろ

春はいつ来る いつ来る春は
ここは地の果て オホーツク
北の白夜よ… 北の白夜よ… 早(は)よ明けろ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:番屋 歌手:神野美伽

神野美伽の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-04-07
商品番号:KICX-3805
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP