ひぐらしの坂

この曲の表示回数 17,435
歌手:

オルリコ


作詞:

松井五郎


作曲:

都志見隆


ひぐらしの坂 縁取り並ぶ
頭(こうべ)を垂れる 向日葵

幼い頃に 見た夏雲が
母を心に 連れてくる

痩せた気がする くせのある文字
「元気ですか」のひとこと

心配ばかり かける返事は
風がふたつに畳む

不器用過ぎる生き方
時々 叱ってくれますか

どれだけ長い歳月(とき)が流れようと
いつまでもほどけない絆がある
泣きたくて 泣けるのは
その胸のなかだけです

逢わせたい人 いつかできたら
すぐに教える約束

母を倣(なら)って 紡(つむ)ぐ幸せ
ずっと見ていて欲しい

ことばにならない気持ち
少しは わかってくれますか

どれだけ遥か遠く離れようと
なによりも大切な絆がある
目を閉じてたどるのは
その胸の音だけです

どれだけ長い歳月(とき)が流れようと
いつまでもほどけない絆がある
泣きたくて 泣けるのは
その胸のなかだけです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひぐらしの坂 歌手:オルリコ

オルリコの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-07-21
商品番号:KICM-30293
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP