益荒男

この曲の表示回数 8,879
歌手:

秋岡秀治


作詞:

星野哲郎


作曲:

岡千秋


生きてゆくのが 死ぬよりつらい
誰にもあるさ そんなとき
俺の背中に 手をまわし
叱ってくれる 母が居た
あの故郷に 借りてきた
まごころだけが 道づれさ

胸の中まで さらけて見せりゃ
似たような奴が ついてくる
数じゃないんだ 数よりも
大事なものは 真実だ
一人でいいさ この胸を
汲みとる友に 出逢えたら

惚れた女を 裸で守り
世間を敵に まわしても
やると決めたら やればよい
いのちは愛の ためにある
荒野の涯てに くちるとも
男は悔いを 残さない
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:益荒男 歌手:秋岡秀治

秋岡秀治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-01-26
商品番号:CRCN-40894
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP