試聴する

君は穏やかに春を語れ

この曲の表示回数 6,007
歌手:

さだまさし


作詞:

さだまさし


作曲:

さだまさし


君はうたぐることなく穏やかに 君の新しい春を語れ
僕は悲しむことなくゆるやかに 僕のなつかしい秋を歌う

ふと垣間みた 淡い恋は
君の背中越しの 僕の指の隙間の
丁度なだらかな 夢の斜面を
滑るように落ちて行く
いま君は春をめぐり 僕は秋をたどる
遠く海の向こうに日が沈む音が聞こえて
少女は大人になる

君はふりむくことなくさわやかに 君の美しい春を歩め
僕は慈しみながら君の背を 僕の新しい秋に刻む

あの日 君の手のストローは
煌めきながら 日差しに透けた
丁度初めて咲く口紅の
紅い花の散るあたり
いま君は愛を上り 僕は愛を下る
遠く空の彼方にかささぎの羽音聞こえて
少女は大人になる
君は春をめぐり 僕は秋をたどる
遠く海の向こうに日が沈む音が聞こえて
少女は大人になる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君は穏やかに春を語れ 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-09-26
商品番号:FRCA-1090
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP