試聴する

満月キラリ

この曲の表示回数 6,042
歌手:

hinaco


作詞:

hinaco


作曲:

イワツボコーダイ


陽が落ちてく
その先を見たくて
いくつもの階段を
駆け上がって
屋上に登ってみたんだ

この大きな街で
迷子になる事もあるんだけれど
どこまでも遠く
君だけの声は聞こえてくる

例え真夜中 泣いたとしても
二人にはほら
約束があるから
久しぶりに見上げてみたら
大きな満月だけが
静かにキラリ 輝いていたんだ
君も見てるかな

君が言ってた
「あの月の輝きは
太陽の光なんだ」って
その言葉をいつでも思い出してた

どれほどの道を
今日まで歩いてきたのかなんて
二人で歩き出すなら
気にしなくてもいいのかも

例え明日 泣いたとしても
変わらずに月は
また昇っていくから
離れた場所 二人が見てた
大きな満月だけは
静かにキラリ 輝いているんだ

初めて泣いた夜に
電話越しに聞こえた
「二人で暮らそう」
満月の光のように
遠回りして届いてきた

例え夢を失ったとしても
二人にはほら
約束があるから
朝も夜も見上げてみれば
いつでも同じ光
静かにキラリ 輝いているんだ
君も見てるかな
いつも君の声は
届いているんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:満月キラリ 歌手:hinaco

hinacoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-06-02
商品番号:RZCD-46559
rhythm zone

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP