聖域~こすぎじゅんいちに捧ぐ~

この曲の表示回数 8,031

テレビやラジオが毎日告げるのは
悲しい事件ばかり 生命は軽くなるばかり
みんな気付いてる 何かおかしいってこと
なのに明日になれば 忘れたふりをするのかな
それを尋ねたら みんな笑いながら僕に言うんだ
お前ひとり悩んでも無駄なことさ切ないだけだよ
君もそんな風に僕を嘲うのかな
君もそんな風に僕を嘲うのかな

愛は音もなく 現れては消える
君と僕とをつなぐ 確かなものは何もない
何が真実か 何を信じるのか
それを考えることは 古くさいことらしい
愛について 生命について 時の流れについて
父や母や友達や 君のやさしい笑顔について
君はいつまで僕を愛せるだろう
僕はいつまで君を守れるだろう
君はいつまで僕を愛せるだろう
僕はいつまで君を守れるだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:聖域~こすぎじゅんいちに捧ぐ~ 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/06/30
商品番号:FRCA-1119
フォア・レコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP