いちばん小さな島で

この曲の表示回数 4,419
歌手:

織田裕二


作詞:

YUJI ODA


作曲:

KAZUFUMI MIYAZAWA


今 君の声が聴こえなくて
あきらめかけていた 夏の午後 波のしらべに
暮れはじめた 君の横顔に ポツリとつぶやくように
はしゃいでた 夏の浜辺に描いた

はじけとぶ花火の中 未来図を夢見て
微笑んでた 指切りした だけど今 ひとりきりで

言葉一つくらい残して 溶かして
僕らは 今でも 終わらない夏の波間に
少し近づいては 戻って 離れて
もう一度 逢えたら
夢で逢いましょう

ホラ いつの日か 砂に埋めて
隠してたシート 今はどうしたか
確かめに行きたいね

誰もいない海の家に 置き忘れられてた
夏がすぎて 人恋しくて だけど君はいなくて

明日 晴れたらいいね なんて笑って
僕らは今でも終わらない夏の狭間に
いつか世界中で いちばん 小さな島でいい
二人で暮らそうよ

言葉一つくらい残して 溶かして
僕らは 今でも 終わらない夏の波間に
少し近づいては 戻って 離れて
夢で逢いましょう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いちばん小さな島で 歌手:織田裕二

織田裕二の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-09-29
商品番号:PHCL-5127

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP