試聴する

りんご

この曲の表示回数 5,421
歌手:

cossami


作詞:

みなみ


作曲:

cossami


バスの窓越しに過ぎてゆく
まだ葉をつけていない 早生のりんご
雪を積もらせた細い枝は
空へ 繋がってゆくのでしょう?

あなたのことを思い描く
笑い声や しわや瞳の奥を
ひとつひとつ 思い出の箱を
静かに開けてみる
またひとつ

朝日を浴びる透明なしずく
水溜まりに 小舟が浮かぶ
風が騒いで波紋は広がる
海へ 繋がってゆくのでしょう?

あなたのことを思い描く
やさしい仕草 確かな歩き方も
ひとつひとつ 思い出の箱を
静かに重ねてゆく

今 この瞬間にも 季節は変わり 過ぎてゆく
春と夏へ 秋と冬へ 過ぎてゆく
どこまでも進んでゆける

あなたのことを思い描く
胸の中のあたたかな記憶
移り変わり それでも憶えてる
ほらね またひとつ またひとつ...

枝から枝へと手を結んで
白い花を咲かせて いつの日か
大きなりんごを実らせる
ゆっくりと走る 窓越しに見える
あなたを見つけた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:りんご 歌手:cossami

cossamiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-04-21
商品番号:VPCC-82291
バップ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP