紅さしゆび

この曲の表示回数 3,217
歌手:

因幡晃


作詞:

因幡晃


作曲:

因幡晃


今宵 空 嫦娥月(じょうがつき) あなたを待ちて 幾歳たった
送り盆も もうすませたというのに

鳴りひびく 笛 太鼓 村の祭り 揃いの浴衣に
袖を通す つい溜息が出たよ

野や山は 紅(くれない)に 染まってきたが あなたがくれた
紅の色は もう薄色になったよ

花嫁が 馬に乗り 村へやってきた 白い角隠し
いつか私も 夢みた姿だった

今日もまた 欄干に もたれて川を ながめているよ
水のように 遠くへ流れたいな

羽二重を 織る音が 悲しく響く 早く帰れと
言ってるようで つい涙がでたよ

木累(かんじき)を 踏む足も 冷たく痛い 今年の冬は
永いそうな 心にも春は遠い
心にも春は遠い
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:紅さしゆび 歌手:因幡晃

因幡晃の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-07-02
商品番号:MHCL-1356
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP