冬のかげろう

この曲の表示回数 22,520
歌手:

角川博


作詞:

たかたかし


作曲:

弦哲也


細めにあけた 障子の窓から
月の光が 忍び込む
裸の肩に あなたが触れれば
はげしく闇に すだく虫の声
夜に生まれて 朝には消える
あゝ わたし わたし 冬のかげろう

あなたの胸に 微睡(まどろ)みながら
そっとくちづけ かわしあう
一つの部屋で あなたに寄り添い
住むのはやはり 無理な夢ですか
夜に生まれて 朝には消える
あゝ わたし わたし 冬のかげろう

ベッドの中に 寂しさ閉じこめ
温(ぬく)めあっても 来る別れ
あなたの愛の 炎にやかれて
このまま死ねたら あなただけのもの
夜に生まれて 朝には消える
あゝ わたし わたし 冬のかげろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:冬のかげろう 歌手:角川博

角川博の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-04-21
商品番号:KICM-30276
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP