闇の唄

Kalafina

闇の唄

作詞:梶浦由記
作曲:梶浦由記
発売日:2010/03/17
この曲の表示回数:34,297回

闇の唄
暗闇が君の頬を紅く染めている
燃え盛る冬の炎
薔薇色の翳(かげ)り

古ぼけた憧れと
尽き果てた夢の後
胸の中
熱く凍えてる

輝きの落ちる場所
暗がりのフルートに
酔い痴れて

海に夢幻のカノン
空に焦がれるマルカート

恋しい君のため楽(がく)の音高らかに
闇夜に咲く華を讃えて月は陰ろう
虚ろな心には夢だけ鳴り響け
果てないこの歌を奏でて星は堕ち行く

終わらない夜の中で語る炎の物語
盗まれた光の中に僕達の春は眠る
胸の中の追憶と寂しさが実を結ぶ頃
夜は深く香(かぐわ)しく君の夢を孕んでいる

艶(あで)なる楽(がく)の音 始まる闇の中
激しいレガート 奏でて月は堕ち行く
虚ろな心には夢だけ鳴り響け
恋しい君のため
奏でる闇の音楽

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム