闇の唄

この曲の表示回数 21,804
歌手:

Kalafina


作詞:

梶浦由記


作曲:

梶浦由記


暗闇が君の頬を紅く染めている
燃え盛る冬の炎
薔薇色の翳(かげ)り

古ぼけた憧れと
尽き果てた夢の後
胸の中
熱く凍えてる

輝きの落ちる場所
暗がりのフルートに
酔い痴れて

海に夢幻のカノン
空に焦がれるマルカート

恋しい君のため楽(がく)の音高らかに
闇夜に咲く華を讃えて月は陰ろう
虚ろな心には夢だけ鳴り響け
果てないこの歌を奏でて星は堕ち行く

終わらない夜の中で語る炎の物語
盗まれた光の中に僕達の春は眠る
胸の中の追憶と寂しさが実を結ぶ頃
夜は深く香(かぐわ)しく君の夢を孕んでいる

艶(あで)なる楽(がく)の音 始まる闇の中
激しいレガート 奏でて月は堕ち行く
虚ろな心には夢だけ鳴り響け
恋しい君のため
奏でる闇の音楽
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:闇の唄 歌手:Kalafina

Kalafinaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-03-17
商品番号:SECL-854
SE

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP