星の謡

この曲の表示回数 24,118
歌手:

Kalafina


作詞:

梶浦由記


作曲:

梶浦由記


奇麗な空が見えた
月の無い夜だった
闇が光を帯びたように見えた

その星はまだ白く
今すぐ届きそうで
手を伸ばしたら
冬の風が吹いた

僕等が行くその場所はきっと嵐になるんだろう
誰もが望むもの
欲しがって進む限り

夢の大地に立って
君の瞳に合って
僕等は何を奪い
何を探しに行くんだろう
祈りはそこにあって
ただ君の手を取って
轟く未来 草の海
天を統(す)べる日まで

君は奇麗な声で
空の嘆きを詠う
僕は光の粒さえ蹴散らして

それでも二人だけに
見えるものがあるなら
空が落とす雫を受け止めて

きっと明日はもう少し
高く遠く飛べるだろう
夢よ遊べ今は
幻が君の真実

憧れだけがあって
その声が呼ぶ方へ
僕等は誰に出会い
何を失くして泣くんだろう
賭けるものも無くて
ただ君の手を取って
響けよ未来 星のうた
空を手に入れたい
夢の謡(うたい)

遠い空に灯火は光る
君の合図で夜明けが始まる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:星の謡 歌手:Kalafina

Kalafinaの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-03-17
商品番号:SECL-854
SE

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP