四の喫茶館物語

この曲の表示回数 4,495
歌手:

メガマソ


作詞:

涼平


作曲:

涼平


街灯の下グレーのコート、メランコリーを感じさせる君の形、映えるよ。

まだ伸ばしかけの黒髪と、いつも困ったような表情。
街の空気、変えてしまうようだ。

敷き詰めたメラミン、ざわめきが 吸収されるような壁に。
君はきっと、まどろんでいる。

「猫濾器角」で落ち合えたなら、店たちの数に飲まれよう。

―すべて隠す闇さえ捕らえない。
小さな電子の影が増幅されて、それの姿を映す。
スリットの側にいるよ。
二つもある答えが。

意味不明を口走っていると思われがちな、
その言動、顔色しか見せない僕は。

「雨漏れ路」が交わる場所で、店たちの夢も飲み込もう。

すべて見える眩いミラーボール、小さな二人の影を増幅してる。
君の姿が魅せる。
スリットもはためいてる。
一つに決めた声と。

逢えない夜の数、君を思って。
また。この店で暇潰す。

―すべて隠す闇さえ捕らえない。
小さな電子の影が増幅されて、君の姿を映す。
スリットの側にいるよ。
二つもある答えは、一つ。(粒子であり波である『光』)
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:四の喫茶館物語 歌手:メガマソ

メガマソの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-03-10
商品番号:AVCD-38040
avex trax

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP