TRAVELING BOY -解き放たれた矢のように

この曲の表示回数 9,726
歌手:

江口洋介


作詞:

T.MATSUMOTO


作曲:

Y.EGUCHI・Y・SAHASHI


夜明けの線路で
列車をじっと待つよ
ポケットには飛び出しナイフと
褪せた君の写真だけ

君へと捧げた
五線紙引き裂いたね
心の中 走る機関車が
錆びる前に街を出る

風のように矢のように
自由を探そう
鉄条網を乗り越えて
解き放った矢のように

決まったバス停
往復してるだけの
生き方などぼくには出来ない
窒息してしまいそう

風のように矢のように
君を愛してた
だけど君が望むのは
保証された暮らしだけ

風のように矢のように
地図の無い旅へ
何かとても大切な
遠い夢を探すため

さよなら恋人 生まれた街
記憶の扉にその名を刻もう

少年時代の光と影
君は永遠に輝き続ける
少年時代の光と影
君は永遠に輝き続ける
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:TRAVELING BOY -解き放たれた矢のように 歌手:江口洋介

江口洋介の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-09-30
商品番号:PSCR-5712
ポリスター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP