雪の別れ

この曲の表示回数 9,023
歌手:

大江千里


作詞:

大江千里


作曲:

大江千里


だんだんとまわりに人があふれて
ホ-ムの僕らは立ちすくんで
遠い街の声 駅のアナウンス
さっき降ってた雪が積もってきた

きみがぼくに電話じゃなく
言いたかった事は何 発車のベルかき消してた

雪が雨に変わり ぼくの肩を濡らす
なぜ別々にしか 生きてゆけない
自分を愛せずに人を愛せないこと
さよならが初めて教えてくれた

愛なんて嘘さ 全部嘘さ
一人になるのが恐いだけさ
階段までにふりかえると
きみの乗った電車が点になった

ちがう夢を見てたから
ふたりいつも一緒にいれた
もう二度と会うこともない

雪が雨に変わり 足跡を消してく
笑えるほど今は ポケットが冷たい
きみはきみが選ぶ きみらしい生き方
それを迷わないで歩いて欲しい

きみの涙ぬぐうのは
ぼくじゃないよ分かってるけど
離したくない今もずっと

雪が雨に変わり 足跡を消してく
笑えるほど今は ポケットが冷たい
きみはきみが選ぶ きみらしい生き方
それを迷わないで歩いて欲しい

雪が雨に変わり ぼくの肩を濡らす
なぜ別々にしか 生きてゆけない
自分を愛せずに人を愛せないこと
さよならが初めて教えてくれた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雪の別れ 歌手:大江千里

大江千里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-02-28
商品番号:ESCB-1500
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP