青春残酷物語

この曲の表示回数 6,442

白黒テレビ 浅間山荘の事件 きしむベッドで ひざを抱きよせ見てた
明日の見えないイラつきだけがつのり 眠るお前を起こし 何度も抱いたよ
愛のひとつさえ言葉にできず お前泣かしてた俺だった
だけどいつの日か この手でお前しあわせにしようと決めていたのに
愚かだね 男なんて いつも甘えてばかりだったね

お前が寝てる間に 財布さぐり 金をぬきとり パチンコに明け暮れた
責められるたび 自分が悪いくせに 自棄で壁を殴ってこぶしを潰した
あの日夜明けまで飲んで帰ったら お前の姿が消えていた
机に置かれた牛乳瓶に 一輪の黄色いタンポポの花
愚かだね 男なんて いつも大事なものを失くすよ

愛のひとつさえ言葉にできず お前泣かしてた俺だった
だけどいつの日か この手でお前しあわせにしようと決めていたのに
愚かだね 男なんて いつも甘えてばかりだったね
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青春残酷物語 歌手:大谷めいゆう

大谷めいゆうの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/11/18
商品番号:VICL-63471
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP