はがゆい唇

マルシア

はがゆい唇

作詞:阿木燿子
作曲:羽田一郎
発売日:2010/01/20
この曲の表示回数:14,079回

はがゆい唇
他人なら 優しく出来ても
恋はエゴイスト
淋しさで 抱き合うのさえも
ときに 臆病になるわ
そう 街は大きな鳥籠ね
みんな 飛べないの
はがゆいのよ その唇
キスする場所 間違えてる
心の傷なら そんなとこにない
はがゆいのよ その口づけ
私の中の落とし穴
ぽっかり開いてる
孤独をふさいで

真夜中に シャワーを浴びると
窓にナルシスト
仄白い 乳房を映して
綺麗 そう呟いてる
ねえ 少女じみたせりふでしょう
時よ このままで
はがゆいのよ その唇
仮面のままじゃ感じない
炎の疼きに 直接触れてね
はがゆいのよ その口づけ
夜の闇を 乱すくらい
ぴったり二人の 溜め息重ねて

はがゆいのよ その唇
キスする場所 間違えてる
心の傷なら そんなとこにない
はがゆいのよ その口づけ
私の中の落とし穴
ぽっかり開いてる
孤独をふさいで

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム