はがゆい唇

この曲の表示回数 8,999
歌手:

マルシア


作詞:

阿木燿子


作曲:

羽田一郎


他人なら 優しく出来ても
恋はエゴイスト
淋しさで 抱き合うのさえも
ときに 臆病になるわ
そう 街は大きな鳥籠ね
みんな 飛べないの
はがゆいのよ その唇
キスする場所 間違えてる
心の傷なら そんなとこにない
はがゆいのよ その口づけ
私の中の落とし穴
ぽっかり開いてる
孤独をふさいで

真夜中に シャワーを浴びると
窓にナルシスト
仄白い 乳房を映して
綺麗 そう呟いてる
ねえ 少女じみたせりふでしょう
時よ このままで
はがゆいのよ その唇
仮面のままじゃ感じない
炎の疼きに 直接触れてね
はがゆいのよ その口づけ
夜の闇を 乱すくらい
ぴったり二人の 溜め息重ねて

はがゆいのよ その唇
キスする場所 間違えてる
心の傷なら そんなとこにない
はがゆいのよ その口づけ
私の中の落とし穴
ぽっかり開いてる
孤独をふさいで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:はがゆい唇 歌手:マルシア

マルシアの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/01/20
商品番号:COCP-36044
コロムビアミュージックエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP