試聴する

愛を置き去りに

この曲の表示回数 11,799
歌手:

マルシア


作詞:

伊藤薫


作曲:

三木たかし


坂道を下りれば 海が見える
都会にも寄り添う カモメがいる
愛し合い死ぬほど ひかれ合おうとも
閉ざされて 灯りも見えない

躰(からだ)の傷なら いつか癒えるけど
心の傷跡 消えずに残る
美しい日々は あまりに短すぎて
哀しみばかりを 置き去りに……

明日から二人は 他人よりも
噂さえ届かぬ 行方知らず
微笑みの扉に 鍵を掛けました
思い出に 変わるその日まで

優しすぎた人 あなたはいつでも
溢れる涙に くちづけくれた
両手を伸ばして あなたを探すけれど
虚(むな)しく幻 揺れるだけ……

次の人生が 許されるのなら
もう一度あなたと めぐり逢いたい
美しい日々は あまりに短すぎて
哀しみばかりを 置き去りに……
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:愛を置き去りに 歌手:マルシア

マルシアの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-21
商品番号:COCA-11209
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP