さすらい挽歌

この曲の表示回数 15,912
歌手:

加納ひろし


作詞:

志賀大介


作曲:

小田純平


自分流に 生きているのさ
誰に後ろ指 さされようとも
いろんな奴が ばらけて去(い)ったよ
俺もあいつ等から見れば 徒(ただ)のばらけ者
もうよそう もうよそう
夢の後を追うのは
俺の心の 俺の命の さすらい挽歌

地の果てまで 連れて行ってと
俺のこの胸を 叩いて泣いた
しあわせ薄い 小さな拳(こぶし)が
今もこの瞼をよぎる 俺のはぐれ雪
もうよそう もうよそう
夢の後を追うのは
俺の心の 俺の命の さすらい挽歌

やがて何時(いつ)か 草の褥(しとね)で
俺も泥のように 眠る日が来る
むなしい酒と 知りつつ今夜も
心忘れるまで呑んで 命泣かせてる
もうよそう もうよそう
夢の後を追うのは
俺の心の 俺の命の さすらい挽歌
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さすらい挽歌 歌手:加納ひろし

加納ひろしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010/02/03
商品番号:TKCA-90373
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP