試聴する

誰よりも優しくて

この曲の表示回数 14,829
歌手:

JAYWALK


作詞:

知久光康


作曲:

知久光康


最後のはずの恋が消えて 君は何処へ帰るこれから
顔を上げたとき 俺に気づいて
君は悲しく微笑んだ

小さく手を振り 背を向けた君
二人の間に 壁が見える

傷つけ合うほど 求め合うなんて
出来なかった 俺達には

君が誰かを愛しても 俺 止められずに
これでいいと 言い聞かせた
俺はただの友達と

誰より優しくて 君の微笑み
俺にだけ見せてくれた あの頃に戻れるなら
見えない壁を 叩く俺の前に
今いつか見た君がいる

初めて見た気がするんだ 君が遠ざかる後ろ姿
振り返っても そこにいるのは
今じゃただの 友達さ

「ごめんね 一人でいたいの」と
君に言われても しかたないね
どんなことでも 話せるなんて
自惚れてただけの俺

すべてがもう遅すぎるね でも もう一度だけ
傷ついた君を抱きしめて 放さないと 叫びたい

誰より優しくて 誰よりも傍に
いたいんだ どんな時も
わかっていたはずなのに 今ただ君の
涙を見てることしか 許されない俺だけど

誰より優しくて 誰よりも君に
幸福でいて欲しいと 叫ぶ声は届かない
もう一度君に 思い出して欲しいんだ
いつも傍に 俺がいる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:誰よりも優しくて 歌手:JAYWALK

JAYWALKの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-11-05
商品番号:TKCA-73384
徳間ジャパンコミュニケーションズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP