バイバイ

この曲の表示回数 6,867
歌手:

熊木杏里


作詞:

熊木杏里


作曲:

熊木杏里


あの雲の彼方に 息を飛ばしたいな
夕日が落ちるのを止めてみたいな

ねぇ君はどうして 私に会いに来たの
偶然じゃないことは知っているのに

もう バイバイの時間だから
もう バイバイの顔をしなくちゃ

鳥は群れを帯びて 行く先を決めてる
夕日のシャワーを浴びて飛んでく

帰り道はきっと泣いていまうかもしれない
始まりじゃないことは知っているから

もう バイバイの音が聞こえる
もう バイバイが響きはじめる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:バイバイ 歌手:熊木杏里

熊木杏里の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-06
商品番号:KICS-1503
キングレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP