宿り木

この曲の表示回数 13,307
歌手:

柴田淳


作詞:

柴田淳


作曲:

柴田淳


憂い帯びたまま 絡み付いた
長い髪はまだ 誰かの色

夢から覚めて 幻から醒めて
私はいつから
ゆらゆらと揺れて 蔓を伸ばしていた
どこかへ

飲み込むほど 誰かを愛していたの
引き千切られた手は
私の体ごと 枯らしていった
再び芽吹く その日まで

何度目覚めても 悲しい朝
これが確かに 私の今

抱きしめてるように 首絞めているように
誰かの面影 ゆらゆらと浮かべ
傷は塞がずに 残した

飲み込むほど 誰かを愛していたの
振り払われた手は
想うことさえ 許してくれない
再び宿れる その時まで

飲み込むほど あなたを愛していたの
引き千切られた心は
私の体ごと 奪っていった
再び芽吹く その日まで

再び芽吹く その日まで
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:宿り木 歌手:柴田淳

柴田淳の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-11-04
商品番号:VICL-63407
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP