振り向けば自転車屋

この曲の表示回数 11,801
歌手:

木梨憲武(とんねるず)


作詞:

秋元康


作曲:

見岳章


青い空に 流れる雲は
通りすぎた季節の
忘れものみたいだね

長い髪を束ねた君が
眩しすぎると泣いた
あの夏が近づいた

愛の意味さえ わからなくて
もどかしさに 傷つけ合った2人

振り向けば 自転車屋
サドルの汗を 覚えてるかい?
振り向けば 自転車屋
朝が来るまで パンク修理した
マルキン自転車 ホイのホイのホイ

僕のキスは いつでも少し
機械油のような
味がすると言ってた

青春時代の 青い嘘を
わかっていたはずだったのに 2人

もういちど 自転車屋
チェーンに指をはさんだりして
もう一度 自転車屋
ギアをはずして 大笑いしたね
マルキン自転車 ホイのホイのホイ

家業ついでも いいわなんて
愛しい君は ただで空気入れてあげる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:振り向けば自転車屋 歌手:木梨憲武(とんねるず)

木梨憲武(とんねるず)の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-16
商品番号:VICL-63425
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP