夕顔

この曲の表示回数 7,828
歌手:

能登麻美子


作詞:

竹中三佳


作曲:

竹中三佳


庭に咲き始めた夕顔に
水を打ってあげたら
遊びに出かけていた猫が
帰ってきたわ「おかえり」

ほら見てごらん 雲のさざなみ
杏色やむらさき
沈む夕陽に 染まってキレイ
まるで夢か幻

風は どこから
吹いてくるのでしょう
遠い 海を渡り
長い旅をするの

ふと気がつけば 時計の針は
あの人が戻る時刻
お腹の虫も鳴いてるはずよ
今日は何を作ろう

そら耳かしら 誰かの声が
留守録にメッセージ
今にあの人あわてて言うわ
「夕飯はいらない」と

風は どこまで
吹いてゆくのでしょう
いつか こんな日々も
なつかしくなるの

ぽっかり空いた時間を一人
持て余すベランダに
一番星がまたたき出した
きっと晴れる 明日も

風はゆく どこへ
誰も知らない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕顔 歌手:能登麻美子

能登麻美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006/03/24
商品番号:KICA-783
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP