試聴する

記憶の景色

この曲の表示回数 9,706
歌手:

戸松遥


作詞:

古屋真


作曲:

石松領平


星の名前を 唱えてみる
君と思うまま付けた名前
季節(とき)が過ぎても あの場所なら
鮮やかに 見渡せるでしょう

手を引かれ 歩いた抜け道 月が瞬きしてたね
広がる星の海 溺れそうな瞳 その温もり信じた

同じ空で いつも手を繋いで
今もまぶたの奥 流れてる景色
思い出すよ 笑っていた君を
空より大きな 言葉を探してた

夜風の窓辺 見下ろす道
おやすみを言うまで話したね
自転車照らす 灯りの下
少しずつ 夢は積もった

深すぎて 目が眩んだ空の向こう いつか見つめてた
大切な一歩を 悔やんだりしてない
あの日も 今日も
いつも

同じ星を 変わらない笑顔で
きっと追いかけてる 横顔浮かぶよ
めぐり逢いや 記憶ひとつひとつ
輝いて見える やさしさくれたから

オレンジに染まる坂道も 雨の後の日だまりも
今でもここにある 寂しさじゃないんだ
こんな暖かいまま

同じ空を 新しい気持ちで
何度も抱きしめる 巡り行く景色
今もほらね 笑ってる私を
遠くの光が 見つめていてくれる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:記憶の景色 歌手:戸松遥

戸松遥の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-11-26
商品番号:SMCL-161
ミュージックレイン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP