試聴する

いないいないばあ

この曲の表示回数 25,858
歌手:

九州男


作詞:

九州男


作曲:

九州男


にぎやかな音が聞こえてる ただ眩い世界に見とれてる
息を潜めてる僕は一人 夜空見上げればチカチカ飛行機
浮かぶ嘘偽りのメモリー 根掘り葉掘り掘り起こすのを恐れてる
ねぇ、僕のことちゃんと覚えてる?ねぇ、今のとこちゃんと踊れてる?
こらえてもこぼれてく涙 何があったわけでもなく
足りない物埋めたくても愛は挨拶程度にもらえない

夜空に撃ちあがった花火が幼き僕に向かっていないいないばあ
やってる様にパッと輝いた 美しく散ってゆく花びら
手を伸ばす まだ残ってる目に 温もりをそっと届ける胸に
こぼれる涙とこぼれる笑み また明日が来るのを待ってる

夢の中で優しさに抱かれ誰かが言う僕に頑張れ
走れその足で明日へ パステルで絵を描く えらくでかく
いつもここで目が覚める 理想とはほど遠い現実が描かれる
まるで芽が枯れる光景 切なく時は日が暮れる方へ
押さえても溢れてく涙 感じた伝ってく頬を
始まるこの夜の一人の旅は限りない悲しみのひとかけら

夜空に撃ちあがった花火が幼き僕に向かっていないいないばあ
やってる様にパッと輝いた 美しく散ってゆく花びら
手を伸ばす まだ残ってる目に 温もりをそっと届ける胸に
こぼれる涙とこぼれる笑み また明日が来るのを待ってる

ねぇ、神様っているんだよね
あのね、たとえば僕がカモメで空を飛び回る羽を持っていたとしても
かごめかごめ籠の中の鳥なのかもね
だっていつも一人ぼっちだもんね
だからよかったら僕と一緒に遊んでって頼んでもやっぱ無理だよね?
「どうか願いを叶えたまえ」

夜空に撃ちあがった花火が幼き僕に向かっていないいないばあ
やってる様にパッと輝いた 美しく散ってゆく花びら
手を伸ばす まだ残ってる目に 温もりをそっと届ける胸に
こぼれる涙とこぼれる笑み また明日が来るのを待ってる

夜空に浮き上がった願いは無数の星と共に光りだす
あの輝く月まで届いたらきっと僕の願いは叶うはず
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:いないいないばあ 歌手:九州男

九州男の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/11/11
商品番号:CRCP-40260
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP