青春はいちどだけ(colour field)

この曲の表示回数 6,315

僕らは古い墓を暴く夜の闇に
手に触れてすぐ崩れて消えてゆく
ただいつまでもつづく

遠くまで見える
寒い冬に唾吐く時に
鳴り出した鐘
いらだちさえ僕は
抱きしめたいと思った

週末に間に合うように
手紙を書くつもり
午後には雪が
照れくさいくらいにほら降るだろう
名前をつけて
冷たすぎるように
シールで閉じて隠して
名前をつけて
残酷なくらいに
さあ目を閉じて答えて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:青春はいちどだけ(colour field) 歌手:一十三十一

一十三十一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/09/23
商品番号:GRRC-10002
GARURU RECORDS

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP