JUMP INTO THE SUMMER

村田和人

JUMP INTO THE SUMMER

作詞:安藤芳彦
作曲:村田和人
発売日:2009/07/15
この曲の表示回数:6,468回

JUMP INTO THE SUMMER
胸に焼きつくような太陽を
ひとりじめの 君は 生まれたままの夏娘
空につながりそうな 水平線
傾けたら 二人 目を閉じたまま 飛び込もう
JUMP INTO THE SUMMER

待ちわびた 週末の 天気予報は
晴れのち雨 だから言ったじゃない
海がいいの? 山がいいの? どこでもいいの
わがままには とうに慣れっこさ

それでも 時々 僕だけに甘えて
涙 見せる日もあるから

カラカラ渇いた この喉に 冷たいビール
僕は 年がいもなく夏男
笑い声がはじける 砂浜に
倒れこんだ 君の 陽に焼けたそのカラダごと
JUMP INTO THE SUMMER

忙しい毎日に 追いかけられて
大人らしく 暮らしているけど
もう一度 最高の 海が見たいね
あきれるほど 青く透き通る

もう いいの やめ ましょう
冷たいフリした そんな言葉とは裏腹

ハラハラさせてよ その胸に
揺れる果実 君は 水着が似合う夏娘
空と海に抱かれて よみがえる
何かがある 空と波と光の隙間から
JUMP INTO THE SUMMER

胸に焼きつくような太陽を
ひとりじめの 君は 生まれたままの夏娘
空とつながりそうな 水平線
傾けたら 二人 目を閉じたまま 飛び込もう
JUMP INTO THE SUMMER

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません