あとずさりする月日

この曲の表示回数 5,187
歌手:

南沙織


作詞:

有馬三恵子


作曲:

筒美京平


いつの間にやら たぐり寄せられ
ほどけていく毛糸にも似ているような
頼りない毎日
タイプを叩き おしゃべりをして
一日へのつじつまを合わすの
月日はだけど同じ速さで
細い糸をほどきつづける
何があると信じてるのか
それが私にわかるのなら
待つことだけで暮してゆくのも
悪くないけど 悪くないけど

動くともない船で見ている景色みたい
何もかも
あとずさりして消えていく毎日
電話とりつぎ 鏡をのぞき
何となしに夕暮れになるのよ
いやでも胸が華やぐような
しらせなんてきそうもないの
何があると信じてるのか
それが私にわかるのなら
待つことだけで暮してゆくのも
悪くないけど 悪くないけど
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:あとずさりする月日 歌手:南沙織

南沙織の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-08-19
商品番号:MHCL-20072
ソニー・ミュージックダイレクト

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP