港のおんな

この曲の表示回数 11,915
歌手:

中村美律子


作詞:

たかたかし


作曲:

富田梓仁


暖簾たためば かもめが啼いて
肩をつめたく 濡らす雨
あんたを忘れて 女を捨てて
守り通した店やけど
うち、やっぱり女です
さみしいよ あんた あんたにいてほしい

惚れたあんたが 訳ありだから
好きで別れて 身を引いた
都会の路地から 港の路地に
いつか馴染んだ 酒やけど
うち、やっぱり女です
さみしいよ あんた あんたにいてほしい

こころの渇きを グラスの酒で
そっと湿らせ 口紅を拭く
冗談づくしで 男ぎらいを
通しつづけて 来たけれど
うち、やっぱり女です
さみしいよ あんた あんたにいてほしい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:港のおんな 歌手:中村美律子

中村美律子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1996-01-24
商品番号:TOCT-9327
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP