華きずな

この曲の表示回数 6,224

惚れた女を 泣かせても
すじは通すぜ 命も賭ける
遠州灘の 風受けて
胸に逆巻く 度胸波…
散って悔いない 男伊達

若(わけ)え衆(もん)大勢いる 世間の義理もある
この家(うち)にゃ銭の居着いたためしがねぇや
お蝶…すまねぇなあ

他人(ひと)の難儀に 背を向ける
そんな貴方(ひと)なら 惚れてやしない
あんたが男を あげるまで
愚痴は言わない こぼさない
見せて下さい 晴れ姿

うちの若い衆はみんな 私(あたし)の可愛い子供さ
面倒みるのはあたりまえじゃないか
おまえさん…水くさいねぇ

命しらずの この俺に
じんと沁みるぜ おまえの情
今度生まれて きた時も
どうぞ女房に して欲しい
心ひとつの 華きずな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:華きずな 歌手:里見浩太朗・佐倉夏子

里見浩太朗・佐倉夏子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP