試聴する

優しさの跡

この曲の表示回数 9,273
歌手:

矢沢永吉


作詞:

大津あきら


作曲:

矢沢永吉


愛する 激しさだけで
その肉体(からだ)に 鎖つけた
気付いた時には 遅くて
優しささえ 跡形もない

都会の真夜中 どこへ消える
時間のゲームに疲れて お前は

呟(つぶや)けよ
終わらない 恋なんて
恋じゃないと…

出会いは 嵐のようで
明日には もう 逃げる気がした
抱き寄せたはずみで堕ちた夜
あの時から 幻だった

読みかけのミステリー 閉じるように
ざわめくこの胸 何故か けだるくて

諦めろ
終わらない 恋なんて
恋じゃないと…

“愛してる”とそれだけが
言えずにただ 苦しめたね
翳(かげ)りの女に 変われば
優しささえ 跡形もない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:優しさの跡 歌手:矢沢永吉

矢沢永吉の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-07-05
商品番号:TOCT-6200
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP