この曲の表示回数 5,133
歌手:

加山雄三


作詞:

覚和歌子


作曲:

弾厚作


夢がTシャツを着て
歩いているようなヤツに
よくも君 ついてきたものだ

取るに足らないこと
思いもよらないことを
繰り返し分け合ったふたり

どんなことばで
言い尽くせるのだろう
このまぶしい 切ない日々を

君を愛するような
おんなじ気持ちで
雨の音もいとしい 今は

過ぎてしまえば
ほら 忘れる痛み
だけど 無駄なんか
ひとつさえ なかった

君と重ねた時
その一秒が
光 たくわえて
満ち足りた真珠

どんなことばで
ほめたたえよう
このかわりきかない日々を

君を見つめるような
おんなじ気持ちで
雨の空を眺めてる 今は

どんなことばで
ほめたたえよう
このかわりきかない日々を

君を見つめるような
おんなじ気持ちで
雨の空を眺めてる 今は
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Rain 歌手:加山雄三

加山雄三の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-07-25
商品番号:MUCD-1169
Dreamusic

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP