Winter Kiss

この曲の表示回数 22,513
歌手:

Dual Dream


作詞:

朝水彼方・小島健二


作曲:

小島健二


誰もが急ぎ足で行き交う街
木枯らしに押されて 今夜君を抱きしめにゆくよ

あわてて電話ボックス出ながら
心の中では 君の部屋でジョーク飛ばしてる

「雪を降らせて…」と、君はわがまま言うけれど
笑いながら聞いてるよ

Winter Kiss 君を抱きしめてる
ぬくもりがあるから
Winter Kiss どんな寒いよるも
一人じゃない僕らだから

去年の今頃はバイトばかりで 旅行もキャンセル
そして 君は初めて泣いたね

あれから 何でも言い合える僕らさ
今年はスキーにきっと君を連れてってあげる

二人いつまでも 一緒にいれるそのために
出来ることを 全部見つけよう

Winter Kiss 君と重ねてゆ
く キスを感じながら
Winter Kiss ずっと続いてゆく
物語を作りたいよ

泣いたり笑ったり 違うキスを知ってくたび
君をもっと 好きになってゆく

Winter Kiss 君を抱きしめてる
ぬくもりがあるから
Winter Kiss どんな寒いよるも
一人じゃない僕らだから

Winter Kiss 君と重ねてゆ
く キスを感じながら
Winter Kiss ずっと続いてゆく
物語を作りたいよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Winter Kiss 歌手:Dual Dream

Dual Dreamの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-03-16
商品番号:KICS-471
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP