根雪

この曲の表示回数 6,695
歌手:

財津和夫


作詞:

財津和夫


作曲:

財津和夫


曇った窓を手でこすれば
夜の隙間におちる雪
君が来るまで 降り続けば
根雪となって ゆくだろうか

待ちくたびれて 僕はいつか
窓を開けて 君を待っている
冷たい雪だけど
二人のこれからの 愛を積み上げる
根雪になって欲しい

街灯の下に わざわざと
立って笑顔を振る君よ
白い吐息をみせながら
雪の帽子を振り落とす

君を抱く僕は やがて いつか
君との未来を想っている
やわらかな雪だけど
朝まで降り続けば
きっと二人の愛を積み上げる
根雪になるだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:根雪 歌手:財津和夫

財津和夫の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-02-22
商品番号:TOCT-8835
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP