この曲の表示回数 12,159
歌手:

城南海


作詞:

宇治田愛


作曲:

I's CUBE


熱を冷ましたくて夜道を歩いてた
いつも穏やかな家たちは知らん顔で
僕はできるだけ冷静装いながら
信じられるカケラそっと寄せ集めてた
階段を登る 一歩にも迷い出して
立ち止まっては 何度も深呼吸してみたけど

あぁ 大人になれない
僕は割り切れない想いを捨てられない
ちっぽけだと笑ってよ
あぁ 見上げた月は
欠けながらも この足元照らすんだ
ちゃんと前に進めるように 光を

誰の優しさも見返りが何だとか
いつから僕は考えるようになった?
強く吹き付ける夜の風に煽られ
冷めかけてた熱が全身を駆け巡った
言葉一つに 意味はいくつもあって
答え探しをするより 僕はもっと話したい

あぁ 大人になれない
仕方がない事などきっとない
僕はまだカッコ悪くあがくよ
あぁ 見上げた月は
欠けながらも光輝き照らすんだ
僕の前に 淡く儚い 光を

誰も奪えない 僕の理想も夢も

あぁ 大人になれない
僕は割り切れない想いを捨てられない
ちっぽけだと笑えるよ
あぁ 見上げた月は
欠けながらもこの足元 照らすんだ
ちゃんと前に進めるように
淡く儚い 光を
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:光 歌手:城南海

城南海の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-04-15
商品番号:PCCA-2890
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP