試聴する

闇に走れば

この曲の表示回数 9,013
歌手:

谷山浩子


作詞:

谷山浩子


作曲:

谷山浩子


闇に走れば 暗い田んぼの
水に 外燈の灯がうつる
うつる水面に 息をひそめて
心がとまる
白いライトに 浮かぶ横顔
口をむすんで 前を見てる
からだを寄せて まぶた閉じれば
あしたも見えない
このままふたり このままずっと
二度と帰らぬ 闇の中へ
力をこめて 力をこめて
アクセルを踏んで あなた

車をとめて 寒い燈台
まわるあかりを あきもせずに
あなたのタバコが からになっても
みつめていた
次のことばが 言い出せなくて
聞きたくなくて 冷えた頬に
くちびる寄せれば 襲いかかるような
あなたのにおい
はなれたくない はなれたくない
抱きしめたまま 動かないで
こうしていれば このまま朝が
来ないかもしれないから
このままふたり このままずっと
自転を停めた 星のように
あなたの胸の わたしの胸の
鼓動だけ 感じていて

こんな時にも あなたの心を
知らない人の 影がよぎる
それなら闇は わたしだけのもの
はじめからずっと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:闇に走れば 歌手:谷山浩子

谷山浩子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-05-20
商品番号:PCCA-267
ポニーキャニオン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP